物語ノ紙片集 花残月のお噺 (お一人様一点、各お噺一回のみ)

※お一人様一点、各お噺一回のみ。割引対象外商品となります

NG-012 物語ノ紙片集 花残月(はなのこりづき)のお噺
内容:物語ノ紙片 25枚・花残月のお噺 1篇
サイズ:外袋 300×225mm

是まで拵えてきた
紙文具のモチーフとなっている
其の月の季語を採取し
其れ等に纏わる25枚の大小様々な紙片と

その紙片から烟のように
また泡のように立ちのぼってきた
コトバの欠片を繋ぎ合わせて綴った
小さな小さな物語のセット

四月の季語は
桜餅・沈丁花・亀鳴く
桜・菜の花・蝶・風車
春日傘・蛙
−新歳時記 増訂版 虚子編より

亀の鳴く月の夜に
桜と蛙と、四月に纏わる
物語ノ紙片集は如何でしょうか


花残月のお噺

紫色の空の下
二羽の紋白蝶が菜の花で
かくれんぼする頃

蛙は仕立てたばかりの
眞白い傘を櫻の木の下に竝べ
その木をじつと見上げると
椅子に腰掛け
櫻餠をつまみ始めた

沈丁花から馨が溢れ出し
その馨に目覺めた
龜がひと聲鳴くと

セルロイドの風車は
くるくると回りはじめ
沈丁花の馨は
どこまでも流れてゆく

「來た」と呟いた蛙が
椅子から立ち上がると
目の前の傘には
櫻の花びらが降り注ぎ

濃い青に變はつた空の下で
眞白い傘は次々と
櫻色の春日傘へと
變はつてゆきました
  • 1,000円(内税)

型番 NG-012