物語ノ紙片集 初見月のお噺 (お一人様一点、各お噺一回のみ)

※お一人様一点、各お噺一回のみ。割引対象外商品となります

NG-009 物語ノ紙片集 初見月(はつみづき)のお噺
内容:物語ノ紙片 25枚・初見月のお噺 1篇
サイズ:外袋 300×225mm

是まで拵えてきた
紙文具のモチーフとなっている
其の月の季語と記念日を採取し
其れ等に纏わる25枚の大小様々な紙片と

その紙片から烟のように
また泡のように立ちのぼってきた
コトバの欠片を繋ぎ合わせて綴った
小さな小さな物語のセット

一月の季語は
初便・鏡餅・福寿草・独楽・初夢
薺・雪・寒月・寒鴉・寒雀
藪柑子・冬薔薇・寒椿
−新歳時記 増訂版 虚子編より

一月の記念日は
初夢の日

はじまりの月の夜に
初夢と寒椿と、一月に纏わる
物語ノ紙片集は如何でしょうか


初見月のお噺

夜の幕の星たちが
チカチカと點滅し始めた頃
鏡餠の上の橙が獨樂となつて
くるくると廻り出す

ひょろりと伸びた紅い薔薇は
冴えた空に浮かぶ
月に向かつて小夜曲を捧げ

藪柑子は眞白な雪兎になると
輕やかに飛び跳ねて
雪だるまと竝んで星を見上る

雪から顏を覗かせた
福壽草のもとにはスズメが舞ひ降り

薺のペンペンと云ふ音を合圖に
ゆつくりと夜の幕が開け始めると
カラスは初便を屆けに向かふのでした

「寒椿のモトで 逢ひませう」
  • 1,000円(内税)

型番 NG-009