[商品一覧へ戻る]

絵暦ぽち袋 器物暦

一月から十二月まで月の数だけ
器物を描いた絵暦ぽち袋 器物暦

越前和紙で仕立てた大小揃いのぽち袋には
レトロなとらんぷ絵のように月を表す数字の
数だけ消しゴム版画で器物を描き
十二のモチーフの背景には四種類の伝統文様
立涌(たてわく)・水玉・石畳・縞との組み合わせで
様々なものに見立てました

大きいぽち袋は三つ折りのお札入れ
小さいぽち袋は硬貨入れとしてお使いください


器物暦 眼鏡と本


◆T-1111 眼鏡と本(めがねとほん)
内容:ぽち袋 大・小各1枚
サイズ:大 50mm×100mm
小 50mm×50mm
\400(税込)



明治時代に本格的に
眼鏡の生産が始まった日本では
大阪の田島が日本一の
レンズ生産地でした

境内に「レンズ発祥の碑」がある
田島神社では
毎年十一月三日に
眼鏡祭が行われているそうです